Yチェアの張り替え②

← 前回の記事は「Yチェアの張り替え①

       Yチェアは、前後と左右で座枠の高さがずれていて、

       その構造のおかげで、無理なくペーパーコードを張る事ができます。

       一番最初に、前座枠と後座枠の長さを均等にするためペーパーコードを巻き、

       その後は同じ動きを繰り返していきます。

       同じ動きとはいえ、ペーパーコードが重ならないように、

       また、全ての辺が均等に編み進められるように、

       微調整を行いながら作業が進んでいきます。

       美しく編まれていく過程は、ずっと見ていたくなるような心地良さでしたが、

       気がつけばあっという間に座面が完成!

       ご説明をして頂きながら、1時間で編み上がりました。

       通常はYチェア一脚を40分ほどで編み上げるとのこと。

       早く、正確に、編み続けることが出来ないと、仕事としては成り立たない

       と坂本さんは語ります。

       出来上がったYチェアに座ると、驚くほどしっかりと硬さのある座面で

       思わず「おお〜!」と声が出てしまいました。

       張り直す前の、使い込まれたYチェアと比較すると、

       座っているうちに編みが緩み、凹んできていたことが分かります。

       ピンと張った座面は、きちんと奥まで腰掛けることが出来て、

       自分の背筋も伸びるような気持ちになりました。

       職人さんがカッコ良く見えるのは、

       繰り返し向き合ってきた時間や経験、技術が

       手の使い方、動き方ひとつひとつから垣間見えるからかもしれない。

       出来上がったモノの完璧さや美しさに、

       こちらの気持ちまで引き締まるからかもしれない。

       と、そんなことを思いながら、Yチェア張り替え見学は終了しました。

       Yチェアの張り替え後、実は違った編み方も見させて頂きました!

       平編みという、縦に通ったペーパーコードに対して、横から交互に通していく編み方です。

       座枠の内側に打ち込んだ専用の釘に、ペーパーコードを引っ掛けながら編み進めます。

       こちらは少しだけ体験させて頂いたのですが、緩まないようにグッと引っ張るときの力加減や、

       意外と固いペーパーコードの扱いに悪戦苦闘してしまいました。

       思っていたよりもずっとずっと難しい…!

       今回、沢山の学びがある貴重な時間を過ごさせて頂きました。

       sim designの坂本さん、ありがとうございました!!

(sim designさんのHPはこちらから)

最後に…やっぱり物づくりは、奥が深くて面白い!!

〈参考文献〉

「Yチェアの秘密」著者:坂本茂・西川栄明

発行所:株式会社 誠文堂新光社 / 発行日:2016年7月15日

Recent Posts