再塗装でお悩みなら

リメイクで特に多いのが、テーブル天板の再塗装をしたいというご依頼です。

テーブルは日常的に使用する家具ですので、傷や汚れ、シミがつきやすいです。

また、塗装が剥がれ、乾燥しているように感じることも…

そんな時に、再塗装をお考えになることと思いますが、ご注意頂きたいこともございます。

今回は再塗装の注意点を簡単にご紹介いたしますので、ご参考にして頂ければと思います!

塗装といっても、ウレタン塗装・オイル塗装・着色など様々です。

ですが、全てに共通していることは、

「塗装を行う前にヤスリをかける必要がある」

ということです。

ヤスリをかけて現在の塗装を全て落とすことで、新しい塗装が木に密着します。

ここで、一例をご覧下さい。

こちらのテーブル天板は、ヤスリがけをした後に色合わせ(着色)を行い、最後にウレタン塗装をしております。

BEFORE

AFTER

輪染みや汚れが消え、綺麗に木目が見えるようになりました。

実はこれが、メリットにもデメリットにもなり得る点です!

傷・汚れ・染みは、深さや度合いによって、

消えてしまうこともあれば、消せないこともあります。

つまり、「汚れを全て消したい」もしくは「この傷は絶対に残したい」などの調整が困難です。

このように、あらかじめご了承頂かなくてはいけない点もありますが、

お客様からは「綺麗になった」「新品に戻ったみたい」という嬉しいお言葉も頂いております。

私共は、お客様の大切な家具を、出来るだけご希望の形でお返しする為に、

リメイクのご依頼を頂いた際は詳しくお話をお聞きし、

最終イメージを共有させて頂いております。

その他、家具の仕様によって、リメイクをお受け出来ないこともございます。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さいませ!

Recent Posts